ぽぷら日和

バラエティや本などの感想を独自の目線でお届けします!

3000文字チャレンジ

自分が何中毒か知る方法(3000文字チャレンジ)

自分は何中毒だろう? 中毒の本来の意味は現在の使われ方とは少し違うようだけど、今は概ね「依存症」と同義で使われている。 依存症とまでいかなくとも、対象物にハマっている状態のことを○○中毒と表現することがある。 日本語の乱れを指摘したり、「本来の…

あだち充の「クロスゲーム」という漫画について~タッチ・H2との比較~

あだち充の作品はみんな同じ顔?そんなわけない! と言いたいところだが、あだち充作品好きの僕でも、なんなら作者でさえ顔の違いがわからないらしい。 それがあだち充。 あだち充の野球漫画といえば、タッチとH2が挙げられるだろう。 どっちがよりおもしろ…

衣替えとは「推しの卒業」である(3000文字チャレンジ)

衣替え代行サービスがあればいいのに。 と思うくらいとにかく衣替えが苦手だ。 衣替えはだいたい6月と10月に行うものらしいけど、そんなこと言われたって、6月になる前も10月を過ぎてからも暑い日があったら夏服を着るし、その逆もまた然り。 一度衣装ケース…

今こそ使い捨てカメラの魅力を語りたい

3000文字チャレンジ お題「写真」 あなたが最後に使い捨てカメラを使ったのはいつですか? スマホが普及して久しい昨今、使い捨てカメラを使うどころか、その愛らしいフォルムを見かけることすらなくなってしまった。 スマホやデジタルカメラの方がお手軽だ…

締め切りは破るためにこそある(3000文字チャレンジ)

締め切りってのは漫画家とか小説家につきまとってるものだ。 「締め切りを過ぎているのに原稿が上がってこない」 とか 「今週締め切りの連載を3つも抱えてる」 とか。 作家の自伝やエピソードでよくある話だ。 漫画家でも小説家でもない僕には、”締め切り”と…

うどん県・香川でうどんの妖精と出会った(3000文字チャレンジ)

学生の頃、男女10人くらいで香川県にうどんを食べに行った。 どうしてもうどんが食べたかったわけじゃないけど、夏休みに日帰りで香川に行こうという話になった。 あの頃は行き先なんてどこでもよかった。 ただ友達と旅行ができればそれだけで楽しかったから…

4分の1の鈍行な感情〜時には各駅停車で〜(3000文字チャレンジ)

ーー始発ーー 始発に乗ることなんて滅多にないよなと思いながら僕は電車に乗り込む。 「終電の反対は何で始電じゃないんだろう?」 と考えても仕方ないことを考えてしまうのは僕の短所だ。 卒業論文を無事に提出できた僕は友達とカラオケでお祝いした。 カラ…

もしも鬼滅の刃を全く読んだことがない男がいきなり20巻だけを読んだら【もしきめ】

こんにちは。ぽぷらです。 タイトルにある通り、僕は鬼滅の刃を今まで読んだことがありません。 決してアンチとか逆張り人間とかではなく、むしろ漫画全般大好きです。 そんな僕がなぜ今まで鬼滅の刃を読んでこなかったのかというと、流行に乗り遅れてしまっ…

プライバシーポリシー お問い合わせ