ぽぷら日和

バラエティや本などの感想を独自の目線でお届けします!

【アメトーーク!】ドラえもんひみつ道具ドラフト会議!ドラフト総評と見解!ドラフト勝ち組はジュニアww

アメトーーク!ドラえもんひみつ道具ドラフト会議の感想です。

 

ドラえもん連載開始50周年を記念して行われたこの企画。

僕が子供のころドラえもんをリアルタイムで観てた時は、「連載開始30周年スペシャル」とかをやっていたのであれからもう20年も経ったのかと思うと何とも感慨深いです。

 

アメトーークはいつからか”のび太ほっとけない芸人””ジャイアン心の友芸人”などドラえもん関連の企画を頻発しており、

「いつからそんなにドラえもんとズブズブの関係になったんだよ………。」

と正直飽きていたのですが今回の企画は良い!!すごく良い!!

 

以前のドラえもん企画はあくまでドラえもんのお話の面白さを伝える企画でしたが、今回はひみつ道具にフォーカスを当てつつも各芸人の個性が出ますからね。

 

ひみつ道具のBIG3と言われている

どこでもドア もしもボックス タイムマシン

を手堅く狙うのか、それとも皆が知らないようなマイナーな道具を選ぶのか、

これはもはやドラえもん検定といっても言いのではないでしょうか。

各芸人たちはどんなひみつ道具を選んだのか見ていきましょう!

 

 

 

サバンナ高橋

1位指名 もしもボックス 競合→×

外れ1位 ソノウソホント 競合→〇

2位指名 タイムマシンチューリップ号

3位指名 自動販売タイムマシン

4位指名 フエール銀行

育成枠  エースキャップ

 

1位指名は大本命のもしもボックスを狙いましたが、競合の末くじに負けてしまいましたw

それでも、言ったことが全て本当になるという強力な効果のあるソノウソホントを見事勝ち取りました。

2位のタイムマシンチューリップ号ドラミちゃんのタイムマシンだそうです。

ドラえもんのタイムマシンは安全性に不安があるから怖いらしいですw

確かに映画版とかでは時空の闇に振り落とされてもおかしくないような激しい時間旅行を強いられていますからねwww

 

育成枠に運動神経悪い芸人らしくエースキャップを選択しているのも良いですねw

マイナーな道具もきっちり抑えていて、さすがドラえもん企画皆出席の高橋といった感じの選択です。

 

千原ジュニア

1位指名 どこでもドア 競合→〇

2位指名 ほんやくコンニャク

3位指名 スモールライト

4位指名 ビッグライト

育成枠  瞬間ひるねざぶとん

 

ジュニアは終始一貫して旅行に行きたがってましたね!w

”世界の村で発見!こんなところに日本人”のMCをしている影響でしょうか。

行き当たりばったりでなくしっかり方向性が定まっていて、今回のドラフト会議の中ではいわゆる勝ち組と言えるでしょう!

 

「どこでもドアをどうやって持ち運びするのか」というアニメの中では決して議論されることのない問題を現実的に考えて、スモールライトビッグライトを合わせて獲得する周到さもみせています。

 

そしてほんやくコンニャクで世界中どこへ行ってもコミュニケーションが取れます。

いやー素晴らしいドラフトですね。

強いて言えばテキオー灯を獲得できていれば万全でした。

 

バカリズム

1位指名 どこでもドア 競合→×

外れ1位 どこでもまど 

2位指名 きこりの泉

3位指名 ポータブル国会

4位指名 アンキパン

育成枠  架空人物たまご

 

実にバカリズムらしい選択となりました。

どこでもドアは競合の末ジュニアに取られてしまいましたがそこをどこでもまどでフォローするのはさすがですw

 

でもどこでもまどって人が通れる大きさでしたっけ??

しずかちゃんの髪の毛をバレないように取るために、どこでもまどでのび太が腕だけ出して使っていた記憶しかないのですが。笑

 

きこりの泉はきれいなジャイアンでおなじみのあの道具ですね。

バカリズムならポータブル国会でバカらしいけど平和な法案を通したりしそうだし、脚本やセリフを覚えるためにアンキパンがほしいんでしょうね。

 

麒麟・川島

1位指名 タイムふろしき

2位指名 お医者さんカバン

3位指名 タイムテレビ 競合→〇

4位指名 植物改造エキス

育成枠  E・S・P訓練ボックス

 

どれもあればめちゃめちゃ便利だし嬉しいんだけど、「あえてそこいく?笑」という感じのB級グルメのような選択。これはこれで一貫していて良いですね。

 

タイムマシンの影に隠れがちですがタイムふろしきは割とチート道具ですもんねw

古い物を元に戻して使える状態にしたり、人間に使うと若返ったり傷の治癒を早めたりもできます。ただ、時間経過のさじ加減が難しいところが欠点ですw

 

タイムテレビも欲しいですね~。

本能寺の変や坂本竜馬暗殺の真実を観ることができます。

さらに、そんなにスケールの大きなものじゃなくても、

 

「へ~、この辺って昔はこうなってたんやぁ~。」

 

と、住んでいる町や知っている土地の昔の様子を知ることもできます!

なくても困らないけどあったらめっちゃ観ちゃうだろうな~笑

 

植物改造エキス映画・日本誕生で出てきてすごく羨ましかった記憶があります。

その辺に生えている植物にエキスを注入すると、そこから大きな株みたいな実ができて、それを割ると中にカレーとか親子丼とか入ってるんですよね。

子供心にすごくおいしそうに見えたものです。

それ、グルメテーブルかけで良くね??と言うのはNG!笑)

 

鬼龍院翔

1位指名 もしもボックス 競合→×

外れ1位 ソノウソホント 競合→×

外れ外れ1位 ウソ800

2位指名 グルメテーブルかけ 競合→〇

3位指名 タイムテレビ 競合→×

外れ3位 テキオー灯

4位指名 メロディーお玉

育成枠  人生やりなおし機

 

今回最もくじ運が悪かった鬼龍院勝率25%はかなり運が悪いですねw

読売ジャイアンツの原辰徳監督並みですw(原監督はドラフトくじ1勝10敗)

 

しかし、その分最も場を盛り上げてくれました。

正直、こういう企画は競合してくじを引いてなんぼですからね。

(少し前に芸人ドラフト会議をした時に全然競合しなくてすごくつまらなく感じてしまいました。)

 

鬼龍院はドラえもん企画常連だけあってさすがのひみつ道具知識ですね。

くじ運の悪さを知識で見事リカバーしています。

メロディーお玉を選ぶ辺りはさすがアーティストですね。

 

人生やりなおし機は子供の時にアニメで観てとても印象深い道具の一つです。

のび太が記憶はそのままに5歳の頃に戻ってもう一度人生をやり直すというお話です。

(10歳ですでに人生やり直したいというのはどうなんだ………)

始めのうちこそ5歳なのに読み書きや簡単な計算ができて天才だともてはやされるのび太でしたが、成長するにしたがい勉強についていけなくなり結局元の人生と変わらないという内容。

 

今思い返してみるととても深い話ですね………。

「戻れるならいつがいい?小学生?中学生?高校生?」

なんて話をよくしますが、戻ったところで今の自分を変えられるのは今の自分の行動だけってことですかね。

 

鬼龍院はこの道具をネガティブに捉えるんじゃなくて、例えば前日にとても楽しい出来事があればもう一度昨日に戻ってその出来事を体験できると。

なるほど!そういう使い方もできるのか!

楽しい時間はすぐに過ぎてしまうのでもう1度じっくりその時間を味わうことができますね!

 

ノンスタイル井上

1位指名 もしもボックス 競合→〇

2位指名 グルメテーブルかけ 競合→×

外れ2位 コピーロボット

3位指名 温泉ロープ

4位指名 カップルテストバッジ

育成枠  テレビとりもち

 

実に井上らしいドラフトでした。

まず、もしもボックスをくじで勝ち取った時点で勝ち組なのですが、その使い道が「もしも世の女性が全員井上のことを好きだったら」というものなので共演者や観客を全員的に回していました。笑

好きになってもらった女性を交互に家に呼んで、温泉ロープで作った温泉に入ったりテレビとりもちでテレビに出てきて料理をとって食べたりしたいだけなので特に実害はありませんがw

 

バカリズムからにわか扱いされていましたが意外とマイナーな道具も知っていましたね。

これでもかというくらいひみつ道具を性欲のために利用している様はむしろ一貫していて清々しかったです。笑

 

総評&筆者の考えるドラフト

皆それぞれ個性が出ていてとても素晴らしいドラフト会議でした。

もしもボックスはやはり最強なので競合覚悟で全力で取りにいきたいですよね。

子供なら上位で指名されそうなタケコプターが出ないのは現実味があるようで寂しくもあります。。。

みんな昔は空を飛ぶことに憧れてたじゃないか!!

 

ちなみに僕がドラフトで選ぶとすれば

もしもボックス

グルメテーブルかけ

石ころぼうし

友達の輪

辺りでですかねー。

 

上位2つは説明不要ですよね。

石ころぼうしはそのぼうしを被るだけで誰からも存在が認識されなくなるという道具です。

よく透明マントと比較されますが透明マントは姿が見えなくなるだけで声・におい・気配を感じられてしまいます。

 一方石ころぼうしは完全にそこに居ない人になれるので鼻くそほじろうが立ちションしようが誰にも文句を言われません。

現代人の悩みのほとんどは人間関係の悩みだと言われているのでストレスを感じた時はこの道具で人間関係を断ち切ることができます。

監視社会と言われる現代。これでもう炎上もバッシングも怖くありません。

 

そして友達の輪は名前の通り、その輪の中に入った人同士は友達になれるという道具です。

さっきは人間関係断ち切れば良いとか言ってましたが本当はみんなと仲良くなりたいです。世界中の人と仲良くなりたい。。。

矛盾しているようだけどどっちも欲しい。それが人間。

仲良くなりたいあの子やお近づきになりたいあの人とも親友になれる夢のような道具。

問題はどうやってその輪の中に二人きりという状況を作り出すのかということですが…………。 笑

真剣に考えだすとワクワクして止まらないこの企画。

やっぱり藤子・F・不二雄先生は偉大だ。

そしてこんなことをひたすら考えていられるなんて今日も世界は平和です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)/

過去のアメトーーク記事はこちら↓

プライバシーポリシー お問い合わせ